日语敬语基本方针 -- 考试资讯 | 苏州日语培训网
  • 日语敬语基本方针


    发布时间: 2013/10/28 15:01:38   查看次数: 4971 

    1.くどい敬意表現はやめよう。誤解を生む表現はよりよい表現にしていこう。 

     2.言葉も人も変わります。刻々と変化する価値観には、柔軟に対応しよう。

     3.お互いの人格が尊重できる、ごく自然な表現をしよう。

     4(神州培训网-http://sz.szpxe.com/article/view/50883).できるかぎり簡潔になることを心がけて、相手に対して明確に伝わる表現をしよう。

     5.文法的な正誤ではなく、「気持ちが正しく伝わるかどうか」を考えよう。

    私はこのサイトで敬語の使用を広めようとしたり
    敬語の誤りを正そうとしているのではありません。

    あくまでも個人の知識欲に基づいて
    自分を磨くためにまじめに製作しているサイトです。
    学究的な詳しい解釈は、他のサイトにおまかせします(^^;)。

    「あははっ」では、日常の会話レベルで
    できるだけ多くのみなさんと意見交流したいと思っています。

     ●敬意表現を使う、ということは「相手の人格や立場を尊重する」ということです。敬意表現を使いこなす人は、話の内容とともに、人間関係をしっかり意識している人、なのです。 

     もっと単純に言ってしまうならば、「私はあなた(あの人)にとってこういう立場の人なんですよ。」という宣言をしているということです。就職活動、仕事上、日本の言語の研究、教育指導、いろいろな場面で「敬意表現のよりよい使い方」が求められています。「その場の人間関係を理解し、相手の立場を尊重して、そのことを相手に正しく伝えること」が求められています。

     お互いを感情のある人間としてしっかり認めると、ごく自然に「敬意」がわいてきます。敬意はもちろん、找猡浜靡猡騺护à瑜Δ趣筏郡趣恕I者の間で表現の基準がズレていたら「いやみ」にとられたり「バカにされた」「なまいきだ」という誤解が生まれてしまうこともあります。
     ●なぜ「敬語はむずかしい」のでしょうか。 

     感謝。敬意。その気持ちを伝える言葉が敬語です。その気持ちはだれでも自然にわいてくることですから、気持ちがわいてきたときに敬語を使えばいい、使い方としてはそれだけのことです。

     人間関係はとても複雑です。特に日本では、昔から「礼儀·作法はその人の人格をあらわす」ものとして重視されてきました。ですから、敬語はもともと厳密な使い方をされてきたので、日本語の中でも特にむずかしい部分だといわれます。しかし逆に考えると、細やかな気持ちを表現できるので、日本語のよいところだ、ともいえます。むずかしいと思わせる原因は大きく2つあります。

     1.「それぞれの立場に対する気遣いを態度ではなく言葉で表現しようとしている」
     2.「正しいか間違っているかにこだわる」

    からです。なんとなく使って許されるならいいのですが、敬語に関してはかなり厳しく言われることがある。1.はそんなことまでして相手に配慮しようとする日本人の細やかな心遣いの見事さ(いいときも悪いときもありますが)の典型でしょう。2.は接客をはじめ対人関係に影響するものなので、みんながとても気をつかっているのです。

     敬語を使うということは、単に言葉の問題だけではなく、生活上の礼儀や作法も一緒に考えなければならないので、とても堅苦しく感じてしまいがちです。苦手意識のある人は、尊敬語·謙譲語···など、学問的な定義づけの言葉だけで拒否反応がでますよね。文法的に説明するにはとても便利な用語ですが、もっと感覚的に「相手語」「自分語」などと定義したほうがわかりやすいかも知れません。(じゃり説として普及させてみようかな?)


     ●昔ながらの正確な表現にこだわるならば、ほとんどの人が敬語をうまく使いこなせていません。敬語には自信がない、と思っている人がかなり多いようです。それは、敬語を学ぶ機会がないまま、日常で「なんとなく」使っているからです。 

      敬語の間違いについては、あちらこちらで議論されていますし、たくさんの本が出版されているにもかかわらず、現実にはなんとなく使っていたり、身近な人から見聞きして覚えた表現を感覚的に使っている人がほとんどです。ひとつひとつを取り上げて、いくら「正しい」「間違っている」と議論したところで、なかなか使い方が変わるものではないし、面倒、難しいという雰囲気だけが広まっていくように思います。

     自信がないしわからないけれど、使わなければならないときがある。間違うと「それはおかしい」と指摘を受けて嫌な思いをする。「じゃ、正しい表現は?」というと、指摘した人も自信がないし注意された人も納得がいかない。ますますうっとおしい気分になっていきますよね。「敬語なんてないほうがいい」となってしまう。


    ●敬意が伝わればそれで十分、かた苦しくこだわるのはめんどうだ、と考える人が増えてきました。 

     ただ、「敬語は全く無くてもいい!」という人は少ないようです。たとえ「敬語不要論派」の人でも、敬意表現を使わずに会話することはありえないでしょう。「です」「ます」「お客さん」や関西弁の「おおきに」なども敬語にあたるのですから。他人に対する丁寧な表現は社会生活上必要です。初対面の人にいきなり「おまえは、··」と話しかけられると、誰でも気分が悪いものです。昔は「御前」というのは高貴な人あてに使う敬語でしたが、今の「おまえ」という語には、見下しの意味あいが含まれるようになったからです。


    相关内容
    上一条:最新2014年7月日本语能力测试(JLPT)报名的通知
    下一条:日语自动词他动词入门法